第49回 京王杯2歳ステークス(GII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第49回 京王杯2歳ステークス(GII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第49回 京王杯2歳ステークス(GII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


京王杯2歳ステークス・展開とペース


テイエムキュウコー、クインズハリジャン辺りがハナを主張して、
番手にカラダレジェンド、オイダシダイコ、マイネルディアベル辺りか。
これといった逃げ馬も不在でペースとしては平均くらいで落ち着くと見る。
先行抜け出し、または府中の長い直線で早めに仕掛けた差し馬の台頭もありうる。


京王杯2歳ステークス・攻略



◎ラブリープラネット

前走小倉2歳Sは道悪の馬場状態からも前残りの展開の中、末脚を伸ばしての3着は上々の内容。
左回りもデビュー戦で経験済みで、その際に負かした2、3着の馬たちが次戦で続々と勝利している
ことからレースレベル自体も高く、そこを危なげなく差しきった同馬の能力も当然高いと見る。


◯モーリス
デビュー戦がレコードタイムでの圧巻の勝利。たとえ高速の馬場状態だったことを考慮したとしても
持てる能力の高さは疑いようが無い。しかしまだ1勝馬の身で経験の差という点から割引も必要か。
本物ならあっさりもありうる。


▲アポロスターズ
3走前の新潟1400mで行われたダリア賞では直線で進路が無くなり外へ持ち出すロスがありながら、
ゴール前まで渋とく脚を伸ばして勝馬に0秒1差と迫る4着。前走も中団から外へ持ち出して鮮やかに
差しきるなど、脚をためられれば終いは確実伸びてくる末脚に期待。


☆トーセンシルエット
前走札幌2歳Sでの8着は極悪馬場によるもので競馬をしていない点からも参考外。
前々走の函館2歳Sではスタートで後手を踏んだものの直線ではメンバー最速タイの上がりで
末脚を伸ばして3着。勝馬には0秒6差と離されたもののなかなかの内容で穴馬として抜擢。


△マイネルディアベル
前走ハナに立ってレースを引っぱり、直線でも後続の追い上げを振り切りそのまま逃げ切り勝ちと
渋とい競馬を披露。ペースが落ち着きそうな今回も積極的な競馬で粘り込みに期待する。


△カラダレジェンド
連闘になるもののデビュー戦が今回と同舞台で2着以下に0秒3差をつける完勝という内容。
一気のメンバー強化となるが、先行して直線で前を捕える危なげない初戦の内容からここも好勝負。





重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。