第13回 JBCクラシック(Jpn1) & JBCスプリント(Jpn1)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第13回 JBCクラシック(Jpn1) & JBCスプリント(Jpn1)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回 JBCクラシック(Jpn1) & JBCスプリント(Jpn1)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif





JBCクラシック・攻略



◎ホッコータルマエ

前走交流G1の南部杯ではエスポワールシチーを捕まえきれず2着。うまく乗られた感もあり、
最後まで差を詰めていたことから力負けではない。かしわ記念を制してはいるが、
マイルはちょっと忙しい印象。昨年の覇者ワンダーアキュートとのマッチレースになるだろうが
若さと本格化した勢いを買ってこちらを本命とする。


◯ワンダーアキュート
前走船橋の日本テレビ盃を危なげないレース運びで1着。昨年のJBCクラシック制覇から
中央、地方問わずG1レースで2着3着を続けており現ダート界では指折りの実力馬。
今回も勝ち負けするだろう。年齢的な衰えはまだ感じさせないまでも
どこかワンパンチ足りない部分があり一枚評価を落とす。


▲ソリタリーキング
前走船橋の日本テレビ盃ではハナを奪ってからゴール直前まで頑張ったが、
最後ワンダーアキュートに交わされ惜しい2着。
ワンダーアキュート相手にクビ差まで粘れた走りを評価。逃げ馬が不在なら
内枠だけにこの馬が逃げる公算が高く、前走の粘り腰を使えれば上位の馬相手にも面白い存在。


☆クリソライト
前走大井のJDダービーを2着に7馬身差を付ける圧勝で一気に3歳馬の頂点の評価を得る。
今回が古馬との初対戦となるが、これまで対戦してきた3歳馬との力関係を考えれば好勝負か。
ただ4ヶ月の休み明け初戦で初古馬戦ということもあり慎重な評価に留める。


△ハタノヴァンクール



-------------------------------------------------------------------------------------------



JBCスプリント・攻略



◎エスポワールシチー

フェブラリーS、かしわ記念と連続2着、前走の南部杯では優勝とマイル路線では現役最強の実力馬。
JBCクラシックへ向かわず1400mのJBCスプリントを選択したことは陣営の好判断と言える。
前走ではホッコータルマエを完封するなど8歳にして未だ衰え知らずでここは完勝すると見る。


◯セイクリムズン
前走南部杯ではエスポワールシチー、ホッコータルマエの上位2頭には離されたものの3着をキープ。
地方、中央のダート重賞路線で好走を続けており、タイセイレジェンドとは甲乙つけがたい実力の持ち主だが、
ダ1400mはベスト条件の同馬を上位に評価。


▲タイセイレジェンド
前走大井の東京盃ではハナを譲らず2着のテスタマッタに0秒7差をつけて優勝。
フェブラリーS、UAE遠征では二桁着順だったが休養を挟んで臨んだ盛岡クラスターC、
浦和のオーバルスプリントと連続2着とダートスプリント界では上位の実力の持ち主。
セイクリムズンとは昨年の同レースでも1,2着と実力伯仲もこちらのベスト条件は
ダート1200mのため評価を下げる。


☆ドリームバレンチノ
このタイミングでのダート初挑戦は中央スプリント路線に適鞍が無かったためという気もするが、
芝のスプリント路線でロードカナロアらと接戦を繰り広げる程の実力馬だけに警戒は必要。
初ダートは未知数ながら要注意。


△テスタマッタ




重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています





関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。