第2回 アルテミスステークス予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第2回 アルテミスステークス予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 アルテミスステークス予想「溝丸の伊賀流馬券術」


42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


アルテミスS・展開とペース


抜群のスタートを決めて恐らくハナを主張するであろうクリスマス。
前走番手で競馬できたことから逃げない可能性もあるが、鞍上は武豊、
ある程度のペースでいくのではないだろうか?さらに内のマイネグレヴィル、
またはデビュー戦を逃げ勝ったヴィスビーなどが突っかけていけば当然前は速くなり
ハイペースになる可能性も高い。
そうなると長い府中の直線、終い勝負の後方からの馬たちにも出番がある。



アルテミスS・攻略



◎マーブルカテドラル

前々走の新潟2歳Sでは着順こそ5着ながらも上位着順の馬はすべて後方からの差し馬ということから、
その中にあって番手追走から直線で渋とく粘った同馬は評価に値する。勝ったハープスターは別格ながら
2着だったイスラボニータ、3着のピークトラムなどが次戦でも続々と好走していることから
同レースの世代でのレベルの高さが窺える。かくいう同馬も次走の芙蓉Sでは5番手追走から
直線で前をきっちりと捕え差しきり勝ちを収めておりここでは力が一枚上と判断する。


◯パシフィックギャル
前走の芙蓉Sでは終始外を回され直線で追い込みを見せるも3着。前走でマーブルカテドラルに
先着を許しているが、道中の位置取りの差が出たもので、上がりタイムもメンバー最速をマークしており
決して力負けではない。東京替わりで決め手を活かせる。


▲ツクバアスナロ
デビュー戦は直線を向いて後方13番手の位置から上がり33秒8の末脚を繰り出し2着。
続く未勝利戦でも不良馬場の悪コンディションの中、他馬を1秒以上も上回る脚での差しきり勝ち。
良馬場そして不良馬場と異なる条件の中で好走する同馬にただならぬポテンシャルの高さを感じる。
2戦続けての出遅れでスタートが課題だが、ペースも速くなりそうなしかも直線の長い東京の舞台、
展開がハマれば一発穴を開ける可能性もあると見る。


△クリスマス
デビュー戦は1.09.6のレコードタイムでの圧勝。続く函館2歳Sでは好スタートから番手に下げて追走し、
直線で抜け出すと後続を楽々突き放して優勝。2戦とも抜群のスタートからハナを切ったが、
東京のマイルは楽に逃げて勝てるコースではないので前走を番手で競馬ができたことは大きい。
一気の距離延長に対応できるかが鍵となるが、スピード能力は非凡なためここでも要注意。


△ニシノミチシルベ
前走のサフラン賞ではスタートで後手を踏んで後方からの競馬になり、さらに直線では前が開かず
抜け出すのに苦労したが、前が開いてからは抜群の伸び脚で勝馬に0秒2差と迫る2着。
勝負根性と一瞬の瞬発力は目を見張るものがある。展開的にも決め手が活きる流れなら出番があっていい。


△ミュゼリトルガール
前走サフラン賞では直線で内が開かず外へ外へと進路をとるロスが響いてニシノミチシルベ同様の
伸び脚を見せるも結果3着。デビュー戦は番手追走から直線では追い比べを制して1着、
そして前走では後方で脚を溜めて直線で決め手を活かす競馬と、
2戦で異なる競馬ができる器用さには警戒が必要。





重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。