「枠順に左右される東京芝2000m」第148回 天皇賞(秋)(GI)「傾向と対策」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 「枠順に左右される東京芝2000m」第148回 天皇賞(秋)(GI)「傾向と対策」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「枠順に左右される東京芝2000m」第148回 天皇賞(秋)(GI)「傾向と対策」


 天皇賞秋 芝2000m
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン

登録馬【フルゲート18頭】
ジェンティルドンナ
トーセンジョーダン
エイシンフラッシュ
オーシャンブルー
トウケイヘイロー
ダノンバラード
トーセンラー
ダークシャドウ
ヒットザターゲット
ダイワファルコン
ナカヤマナイト
レッドスパーダ
トゥザグローリー
ヴェルデグリーン
ルルーシュ
コディーノ
メイショウナルト
アンコイルド
フラガラッハ
ジャスタウェイ
レインスティック
サトノギャラント
レッドレイヴン
スピルバーグ



有力視されていたフェノーメノ、ショウナンマイティが早々回避し、
更に相次いでダークシャドウとトーセンラーも回避で
俄然、本命視されるのは

ジェンティルドンナトウケイヘイロー




ジェンティルドンナは今年に入ってから
ドバイシーマクラッシック2着、宝塚記念3着で今期が3戦目。

ドバイは終始、外を回されての敗因。
宝塚はゴールドシップに完敗したものの
ダノンバラードのインベタの先行奇襲と荒れ馬場が敗因。
それなりに負けた理由はあります。
負けたとは言えG1ですし、常にレベルの高い競馬をしています。

休み明けは決してプラス材料ではないと思いますが、
このメンツなら、いきなりでも好勝負だと思います。

問題はトウケイヘイロー。
鳴尾記念、函館記念、札幌記念と
マイル路線から変更し2000mを逃げ切り重賞3連勝。

3戦全て武豊に替わってからですから
騎手との相性も良いんでしょうね。

果たしてこの馬は強いのか?弱いのか?


極悪馬場の札幌記念は度外視したとしても
函館記念は1000m通過58.8とハイラップで
そのまま押し切っている内容から推測すると強いと思います。

鳴尾記念は1000m通過60.4ですが
最終的にタイムは1.58.9でまとめていますから、
なかなかのものだと思います。


さて、この馬の取捨ですが、
無論、馬場が渋れば断然有利でしょう。

台風は日曜には過ぎてしまうようですが・・・。
問題は枠順次第だと思います。
8枠は以外なら。

トウケイヘイローは6枠11番ですか?


そんな訳で天皇賞・秋の注目馬ですが、
人気を確実に落としてきます。今回こそ狙い目です。
天皇賞(秋)注目馬ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ


天皇賞(秋) 特注馬はメルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから






関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。