第74回 菊花賞「レース回顧」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » レース回顧 » 第74回 菊花賞「レース回顧」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第74回 菊花賞「レース回顧」

kikkasyo_kekka.gif
残り600mからの位置取りとレース結果です。
エピファネイアの非の打ちどころのない完勝で終わった菊花賞。

元々折り合いに不安があった同馬ですが、
全くそんな素振りもなく長丁場をキッチリと折り合えました。

秋からハミを改良したことが好結果に繋がったようです。

シンボリクリスエス産駒だけに距離面の不安も一部騒がれていましたが、
その辺も全く問題なかったですね。


雨で不良馬場。
スローペースは必至でしたから、
位置取りも逃げるバンデ見ながらの3番手を常にキープ。

あのポジションを取った時点で
「勝ったな」と正直思いました。

福永騎手の好判断も勝因だと思います。

前半1000m 61.2
中盤1000m 63.0
後半1000m 61.0

このスローペースになると中団から後ろの馬は厳しい展開。

2番人気マジェスティハーツは後方待機でしたから
全く競馬できませんでした。

エピファネイアにとって逆に好条件が揃ったとも言えるし、
5馬身差を考えればメンバー的にかなり
楽だったと言えるじゃないでしょうか。

距離もOK。折り合いもOKとなれば
エピファネイアは相当強いんじゃないでしょうか。

キズナとのリベンジ。
有馬でゴールドシップとオルフェーブルとの対決は楽しみです。


※お知らせ
今週から予想は無料公開いたします。
「競馬ライトニング」の展開予想にご期待下さい!



天皇賞(秋) ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ


天皇賞(秋) 特注馬はメルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。