「問題はエピファネイアの取捨」第74回 菊花賞(GI)「傾向と対策」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 「問題はエピファネイアの取捨」第74回 菊花賞(GI)「傾向と対策」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「問題はエピファネイアの取捨」第74回 菊花賞(GI)「傾向と対策」

第74回 菊花賞(GI)
サラ系3歳牡・牝(指定)オープン京都芝3000m外

ケイアイチョウサン
テイエムイナズマ
ヒラボクディープ
マイネルサンオペラ
インパラトール
サイモンラムセス
ヤマイチパートナー
ナリタパイレーツ
ピュアソルジャー
マジェスティハーツ
エーティータラント
サトノノブレス
ユールシンギング
ダービーフィズ
アドマイヤスピカ
フルーキー
エピファネイア
ラストインパクト
アクションスター
タマモベストプレイ
ネコタイショウ
ウインアルザス
バンデ


3歳牡馬の三冠の最後のレース、菊花賞です。
やはり注目はダントツ1番人気が予想される
エピファネイアでしょう。


父シンボリクリスエスと言う血統背景

サクセスブロッケン
ストロングリターン
サンカルロ

らが主な代表産駒。
ダート路線、短距離マイル路線での活躍馬は多いが、
クラッシックには全く無縁だったのは確かです。


そんな訳で3000mが持つか、あるいは持たないか、と
この馬の取捨に悩むところです。


母がシーザリオと血筋もあるでしょうが、

皐月賞、ダービー2着 トライアル神戸新聞杯1着。
と2000m以上の実績を考えれば
おそらく3000mも問題ないと思います。
しかもメンバー的にも恵まれた感もありますし。


むしろ距離面の不安より皐月賞、ダービーで見せた
折り合い面の方が心配です。


距離が長くなればなるほど折り合いが鍵になってきます。
折り合いを欠けば自滅のパターンもあるわけです。
そんな意味で600mの距離の延長はプラスではないと思います。


神戸新聞杯は掛かるところは見せませんでしたが、
元々、折り合い面に不安のある馬だけに
矯正できていれば問題はないのですが・・・。



そう言った訳で惑星とも言える注目馬は
菊花賞 注目馬ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ


菊花賞 特注馬は明日メルマガ読者限定にて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから



菊花賞予想はブロマガ読者限定にて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓

展開予想ブロマガの登録はこちらから





関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。