マイルCS南部杯(Jpn1)展開予想 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » マイルCS南部杯(Jpn1)展開予想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルCS南部杯(Jpn1)展開予想

マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI) 盛岡1600m

枠 馬番 馬名           性齢 斤量  騎手   厩舎
1  01 コスモワッチミー .       牡5 57.0 赤岡修次  高知 田中守
2  02 グランシュヴァリエ      牡8 57.0 永森大智  高知 雑賀正光
3  03 グレープブランデー.    牡5 57.0 浜中  俊  栗東 安田隆行
4  04 ダイショウジェット.    牡10 57.0 柴山雄一  栗東 大根田裕
4  05 トウホクビジン         牝7 55.0 佐藤友則  笠松 笹野博司
5  06 エプソムアーロン.       牡9 57.0 下原  理  兵庫 雑賀伸一
5  07 セイカアレグロ.         牡8 57.0 吉田晃浩  金沢 佐藤茂
6  08 エスポワールシチー     牡8 57.0 後藤浩輝  栗東 安達昭夫
6  09 アドマイヤロイヤル     牡6 57.0 四位洋文  栗東 橋田満
7  10 セイクリムズン.         牡7 57.0 岩田康誠  栗東 服部利之
7  11 コスモフィナンシェ.      牡4 57.0 斉藤雄一  岩手 板垣吉則
8  12 ホッコータルマエ       牡4 57.0 幸  英明  栗東 西浦勝一
8  13 ランドオウジ        牡7 57.0 村上  忍  岩手 千葉幸喜



morioka.jpg

マイルチャンピオンシップ展開とペース



大井競馬場、門別競馬場に並び地方競馬で最大サイズ(全長1600m)。
直線距離は300mと大井競馬場および門別競馬場よりも短く、コーナーが大きくゆ るやかな競馬場である。
地方競馬で唯一の全長1400mの芝コースが、ダートコースの内側に設置されている。
ダートコースの高低差4.4mも地方競馬最大で、3~4コーナーが丘になっており、
ゴール前約150mにも上り坂がある。
参考(http://www.oddspark.com/keiba/service/chihoukeiba/koryaku/morioka.html )



エスポワールシチーが先手を奪う。番手はテンの速さでJRA勢の
ホッコータルマエ、グレープブランデー、セイクリムズンらが占める。





マイルチャンピオンシップ南部杯・攻略


honshi.gif


ホッコータルマエ
現在5連勝中の現役最強馬。無論ここは勝ち負け。


エスポワールシチー
去年の覇者。逃げ馬・展開断然有利。場合によっては逃げ粘りも。


グレープブランデー
フェブラリーS覇者。ホッコータルマエと力量同等。骨折休み明け分、割引。


アドマイヤロイヤル
去年の同レース3着馬。ここ4戦連対。1600mならしぶとい競馬を見せる。
番手、先行位置で競馬ができれば、粘る可能性も。







mizo.jpg

mizomaru.gif



ホッコータルマエ
前々走かしわ記念、前走帝王賞とG1レース2つを含め現在5連勝中の現役ダート最強馬と呼ぶに相応しい快進撃を続けている同馬。ライバル馬ニホンピロアワーズ不在の今回は確勝で間違いない。


グレープブランデー
前走フェブラリーSで3歳時のジャパンダートダービー以来2勝目となるG1制覇を果たしたが、約8ヶ月ぶりの実戦となる今回は久々な分がどうか。2走前に東海Sでホッコータルマエに先着しているという実績もあり今後の力関係を占う意味でも重要な一戦といえる。


アドマイヤロイヤル
前走プロキオンSを勝利。2,3着が多く勝ちきれなかった馬がここへきてようやくその力を出し切れるようになった感がある。相手は強くなるが、昨年3着した舞台で今年も好レースが期待できる。


エスポワールシチー
昨年の同レース優勝馬で連覇がかかる。近走もG1を連続2着と結果だけ見ればまだしばらくはダートの第一線で活躍していけると思うが、その2走で先着を許した2頭が揃って今回出走しており、勢い、年齢的にみても逆転までは期待できない。


セイクリムズン
距離的に1400mまでの馬。1600mの距離だとパフォーマンスが落ちるため押さえまで。







菊花賞 ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ


菊花賞 特注馬はメルマガ読者限定にて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから



菊花賞予想はブロマガ読者限定にて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓

展開予想ブロマガの登録はこちらから




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。