第48回 京都大賞典(G2)展開予想 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第48回 京都大賞典(G2)展開予想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第48回 京都大賞典(G2)展開予想


【京都大賞典】展開とペース

逃げ馬不在でアンコイルド、ニューダイナスティが先導する形に。
場合によってはトレイルブレイザーが先手を獲る場合も。番手集団にヴィルシーナ。中団にトーセンラー。
注目のゴールドシップだが宝塚記念では早めに動いての先行位置。今回も中団より前で競馬するのでは。

絶対的な逃げ馬不在でスローペース必至。3コーナー手前までほぼ一団を形成。
残り800付近からペースは上がり直線の上がり勝負になると思われる。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。