第61回神戸新聞杯(G2)「レース回顧」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » レース回顧 » 第61回神戸新聞杯(G2)「レース回顧」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61回神戸新聞杯(G2)「レース回顧」


kobeshinbun_kekka.gif


残り600mからの位置取りとレース結果です。

エピファネイアがダントツの1番人気に応えました。
圧倒的な力の差を見せつけた、まぁ完勝でした。

皐月賞、ダービーも掛かり気味で
「折り合い面」の不安が付きまとう同馬でしたが、問題なかったですね。
テン良し、中良し、終い良しで
直線入ってからの追い出し、ムチ一発入れての反応も良く
抜け出してから余裕すらありましたから素晴らしい内容。


ペースですが、
ヒルノドンカルロ若しくはウインアルザスが逃げ、
いずれがハナに立ってもスローペース、と予想しましたが、
ウインアルザス中井騎手の予想だにしない大逃げで
ヒルノドンカルロと競り合う形なってのハイペースは想定外。


戦前の予想のゆるいスローペースなら、
エピファネイアは掛かってたかもしれないが・・・
このペースもエピファネイアに味方したとも言えるでしょう。


異例のハイペースに恩恵を受けたのは
2着のマジェスティハーツ
上図を見れば分かる通り、最後方からのゴボウ抜きの
上がり3F一番時計。

展開が向いたとは言え、なかなかできる芸当ではありません。


本番の菊花賞は森騎手は新人で規定に達していないので
騎乗できないようですが(武豊騎手らしい)

菊花賞ではおもしろい存在になるのではないでしょうか。



サトノノブレス
速いペースでの先行しての粘りの
3着は決して悲観的な内容ではないでしょう。

菊花賞に繋がる一戦だったと思います。







注目馬はメルマガ読者限定にて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから



メインレース予想はブロマガ読者限定にて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓

展開予想ブロマガの登録はこちらから


スプリンターズS/ シリウスSブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓



競馬 ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。