第61回神戸新聞杯(G2)展開予想【無料公開】 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第61回神戸新聞杯(G2)展開予想【無料公開】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61回神戸新聞杯(G2)展開予想【無料公開】

第61回神戸新聞杯(G2)|阪神芝2400m(外回り)

*予想ペース|スロー-平均/ 予想1000m通過タイム|60.5±0.5




jiku.png rank.png ⑩④ ana.png




神戸新聞杯・展開とペース


ヒルノドンカルロもしくはウインアルザス どちらかが先頭を奪う。単騎逃げになった場合はスローから平均ペースで流れる。
並走で競り合う形になった場合、ペースは 上がる可能性もあるが2400mと長丁場なので極端なハイペースにはならない。
後続にラストインパクト。サトノノブレス、エピファネイアは 中団。
向こう上面付近では縦長の展開。ペースは一旦落ち着くが3コーナーからペースは上 がる。
4角では後続馬が接近。直線は上がり勝負。

直線の長い阪神のBコースは差し、追い込み馬有利。
今回はおそらく緩いペースで流れそうだが、極端なスローじゃない限り十分に届く。


神戸新聞杯・攻略


honshi.gif

エピファネイア
皐月賞・ダービー2着の同馬がここは勝ちぬけると見る。このメンバーなら力は明らかに上位。
ただ唯一の不安点は“掛かり癖”。
近3戦は致命的ではないにせよ全て道中、引っ掛かっていた。
一抹の不安はあるものの、それでも結果を残すのだから
おそらく問題はないと思うが・・・。

夏を越し、その辺りを解消しているか。成長した大人の走りを期待したい。

テイエムイナズマ
2歳時、デイリー杯2歳Sの勝ち以降、低迷したが、
皐月賞、ダービーともに6着と大健闘。人気以上の走りを見せた。
ダービーはエピファネイアを上回る3F上がり33.8で、
勝ったキズナの次ぐタイム。素直に評価したい。


サトノノブレス
上がりタイムはメンバー随一。
終い一辺倒で展開、ペースに左右される分、あと一歩届かずの競馬が続いているが、
差し馬有利の直線長い外回りの阪神コースでの走りに期待したい。


×ラストインパクト
春は期待されていたが、トライアルはいずれも惜敗で路線に乗れず涙をのんだ。
前走のシンガポールTC賞で1000万条件をクリア。
おそらく番手集団の一角での競馬。先行力を活かせれば。


注)バッドボーイ
春は重賞、オープンで好戦してきた実績は評価。
ある意味、自在性があり、今回も位置取りは不明。
しかしながら阪神コースは0.1.2.0と好成績。
血統的(父マンカフェ×母父ミスワキ)も2400mはおもしろい。


ヒルノドンカルロ
函館の芝2600mを逃げきっての快勝で1000万下をクリア。
函館の長距離を逃げ粘るだけのパワーとスタミナは相当なもの。
時計勝負だと厳しいが、逃げてスローのマイペースの競馬になれば一発も。



タマモベストプレイ
血統的な背景(父フジキセキ)から走る度に距離の壁が指摘され、
重賞ウィナーながら不人気の同馬。
ダービーはそれでも8着と大健闘。
以前のような先行力を活かした競馬が出来れば。






mizo.jpg

mizomaru.gif

パンパンの良馬場の阪神2400mで行われるため、スローな展開で瞬発力を競うレースになりがちな同レース。
今年も逃げる馬はいるが平均くらいのペースに収まることが予想されるため、決めてのある馬を中心に組み立てたいと思う。



エピファネイア
皐月賞2着、日本ダービー2着とこの世代では一番の能力を秘める。
このメンバーの中では頭1つ抜けた存在。
勝つか負けるかというよりもこの秋目標の菊花賞制覇に向けて
一体どんな勝ち方ができるかという内容を求められるレース。
春は折り合いに苦労していたが果たして…。


ラストインパクト
青葉賞3着。前走1000万下のレースでは、道中は番手で折り合って直線を向いてから先頭に並びかけ、
最後は突き放して優勝と強い勝ち方。
好位で折り合えて上がり勝負にも対応できるエピファネイアの最大のライバルはこの馬と見る。


サトノノブレス
青葉賞4着。近走スタートで出負けして後方からのレースが続いているが、
最後直線を向いてからはメンバー中最速の上がりを繰り出すなど終いは確実に伸びてくる。
阪神の外回り、スローの上がり勝負になり易いこの条件はこの馬の瞬発力を発揮する絶好の舞台。


テイエムイナズマ
前走日本ダービーでは4コーナー16番手の位置から上がり3ハロン33.8秒のタイムで鋭く伸びて、
勝ったキズナとコンマ4秒差の6着と好走。
血統的にマイルぐらいの距離の方がいい気もしますが、
日本ダービーで見せた末脚をまた発揮できれば、一発までは期待できないまでも面白い存在。


ヒルノドンカルロ
近走はハナを切ってスローペースの逃げに持ち込んで直線で渋とく粘るという競馬で結果を残す。
瞬発力勝負には向かないが逃げ馬が残る展開になるようなら出番あり。


タマモベストプレイ
日本ダービー8着。兄妹が皆マイルぐらいまでの距離で活躍してることから常に距離適性を不安視する声がつきまとう同馬。その試金石とも言えた2400mの日本ダービーでも勝馬と0.4秒差と差の無い競馬でした。
3000mはさすがに疑問ですが、スローの上がり勝負になりやすい阪神2400mならこなせる可能性は高いと見ます。





※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。