第61回 神戸新聞杯(G2)「傾向と対策」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第61回 神戸新聞杯(G2)「傾向と対策」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61回 神戸新聞杯(G2)「傾向と対策」


第61回 神戸新聞杯(G2)
阪神芝2400m(外回り)

アクションスター 56.0
ウインアルザス 56.0
ウエスタンオウジ 56.0
エピファネイア 56.0
カシノピカチュウ 56.0
カッパドキア 56.0
サトノノブレス 56.0
ソロル 56.0
タマモベストプレイ 56.0
テイエムイナズマ 56.0
トウシンモンステラ 56.0
トーセンハルカゼ 56.0
ナリタパイレーツ 56.0
バッドボーイ 56.0
ヒルノドンカルロ 56.0
プランスペスカ 56.0
マジェスティハーツ 56.0
ミヤジタイガ 56.0
ヤマイチパートナー 56.0
ラストインパクト 56.0


セントライト記念はレベル的に疑問が残るレースだっただけに、
こちらが菊花賞を占う意味で重要な1戦になるのは言うまでもありません。

ダービー2着のエピファネイアの秋初戦と言うわけで、
俄然、このレースに注目が集まります。

下馬評は、ここは単勝1倍台の1番人気。
“勝ち負け゛の評価。
それが妥当ですし、本番の菊花賞はともかく、
このレース、メンツを見る限り、
エピファネイアが頭2つくらい抜けてると思います。



エピファネイアが頭としても、以下は混戦模様。

ラストインパクト
サトノノブレス
タマモベストプレイ
テイエムイナズマ


辺りが2番人気を争いそうです。

中でも春先、前評判の高かった
ディープ産駒ラストインパクトとサトノノブレス。

阪神の外回りなので上がり勝負なった場合なら、
メンバー随一の強烈な末脚を誇るサトノに注目しています。


タマモベストプレイ、テイエムイナズマ
は低評価ながらダービー8着、6着と健闘。
2頭とも重賞ウィナーの意地で力があるところを見せつけました。
この2頭も十分に連対候補だと思います。


あと注目している馬ですが、
血統面も含め、このレース次第では菊花賞も期待できる1頭。


神戸新聞杯 注目馬はブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓



競馬 ブログランキングへ



【コースデータ:阪神芝2400m 】
hanshin2400m.png
外回りを使用。スタートからゴール板手前に急勾配の登り坂があり、
坂を駆け上がった直ぐに1コーナー。
傾向的には前半1000mは遅く、上がりのスピード決着になりやすい。

神戸新聞杯はBコース使用。
仮柵分直線はAコースより長くなる。
差し、追い込み馬が有利。





伏兵馬はメルマガ読者限定にて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓
無料メルマガの登録はこちらから



メインレース予想はブロマガ読者限定にて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓
展開予想ブロマガの登録はこちらから



神戸新聞杯/オールカマー ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓



競馬 ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。