キズナ/オルフェ優勝「フォワ賞」「ニエル賞」を振り返る - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » レース回顧 » キズナ/オルフェ優勝「フォワ賞」「ニエル賞」を振り返る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キズナ/オルフェ優勝「フォワ賞」「ニエル賞」を振り返る


キズナオルフェーヴル
凱旋門賞の前哨戦に勝ちました。

すばらしい!

これで日本馬2騎の株は相当な勢いで上がりました。
本番の凱旋門賞はもちろん有力視されるし、人気も跳ね上がります。


オルフェーヴルが勝ったフォア賞。
有力馬2012の英国ダービー馬「キャメロット」が回避。
俄然オルフェに注目が集まった一戦。

レースはステラウインドがペースメーカーとなりオルフェは番手のインをキープ。

直線は残り300からインから外に持ち出し、
持ったままで2着以下3馬身差。
ノーステッキでスミヨンが振り返るほどの大楽勝。

さすがオルフェーヴルです。
これで3戦目となるロンシャンの2400m。
重い馬場の適性の高さに加え、スミヨンも含め完全に手の内を入れた感じ。


一方のニエル賞を勝ったキズナですが、
外から差してのハナ差の勝利。

2着は今年の英国ダービー馬・ルーラーオブザワールド。
ルーラーオブザワールドに競り勝ち、
人気のパリ大賞典を勝ち、地元のフリントシャーにも勝ったわけですから
着差以上の大きな価値があります。

キズナはロンシャンが初戦。
重い洋芝が適応できるか心配でしたが、
全く、問題はありませんね。





さて、いよいよ本番の凱旋門賞。
この楽勝っぷりだとオルフェーヴルは
ヘタすると1番人気になる可能性が出てきました。

凱旋門賞は3歳牡馬は56kg、4歳以上牡馬は59.5kg、牝馬1.5kg減
と決まってますから、オルフェは去年同様59.5kgを背負います。

同日ヴェルメイユ賞(G1)を勝った有力馬 
3歳牝馬トレヴは54.5kgでの出走になりますから
オルフェとトレヴの差5kgはあまりにも大きい。


去年もオルフェ陣営は同斤なら勝ってたと嘆いていましたから。
今年はどうでしょう?


逆にキズナはニエル賞58kg→56kgになるのは好材料。
3歳馬の優勝が圧倒しているだけに
キズナにも制覇の十分チャンスがあると言えるでしょう。



明日順延のセントライト記念予想はブロマガにて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓
セントライト記念展開予想はこちらから




今週の特注馬はメルマガ読者限定にて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓
無料メルマガの登録はこちらから



展開予想はブロマガ読者限定にて配信中!
↓ ↓ ↓ ↓
展開予想ブロマガの登録はこちらから



セントライト記念ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓



競馬 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。