第8回 キーンランドカップ(G3)レース回顧 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » レース回顧 » 第8回 キーンランドカップ(G3)レース回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回 キーンランドカップ(G3)レース回顧

本紙予想◎フォーエバーマーク×ストレイトガール △シュプリームギフトで3連単的中!


keenland_kekka.gif


残り600mからの位置取りとレース結果です。

先ず内容からするとスプリント戦と思えない、どスローペースとタイムでした。

キーンランドCのタイムは1.11.7 。1000m通過は59.2。


パドトロワが勝った函館SSは1.08.5 。1000m通過 56.7
ストレイトガールが勝ったUHB賞は1.10.4 。1000m通過 58.6


函館SS 3.2秒 UHB賞とは1.3秒も勝ちタイムが違います。
同じコースとは思えないタイム差です。

ラップは 12.1 - 11.0 - 11.8 - 12.3 - 12.0 - 12.5
スプリント戦で1ハロン刻みで10秒台が1度もない、
超スローペースですから逃げ馬にとってあまりにも楽すぎる展開。



ペースは結構速くなると予想しましたが、ここまでペースが遅くなるのは想定外。
考えられるのは

・ファインチョイスが先手争いに絡まなかったこと。
・馬場が開催終盤で相当傷んでいること。
・さらに洋芝に雨が降ると超重い馬場になった。

上記はフォーエバーマークにとっては最適とも言える条件だったかもしれません。
それプラス1枠と最高の条件が重なった勝利だと思います。

勝ったフォーエバーマークについてですが、予想でも言いましたが父ファルブラブ。

血統評論家ではないので多くを語りませんが、

とにかく洋芝はファルブラブ産駒は走る
アイムユアーズもしかりです。

そしてトウケイヘイローの父ゴールドヘイローも走る。
今回の函館競馬で痛感しました。


2着のストレイトガールですが、ヘビーローテで評価を下げましたが、
このスローで差して来るんですから力的には本物だと見ていいと思います。
中央開催でも期待できるのではないでしょうか。
ただ、この夏で6戦と使い込んでいるのでどうでしょう??



意外だったのはパドトロワ。まさかの14着。
いつもの先行好位の競馬。直線向いても全く伸びませんでした。

 勝浦騎手コメント
「この馬の形だったけど、3角を過ぎたところから手応えに余裕がなかった。目に見えない疲れとしか考えられない」

悪化した馬場が向かなかったのか、
逆に経験のないスローペースに戸惑った良くわからない不可解な敗戦。

「夏馬」と称された同馬にとって、何とも淋しい夏の幕切れになってしまい残念です。



人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。