UHB賞「傾向と対策」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » UHB賞「傾向と対策」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UHB賞「傾向と対策」


ケイアイアストン     55     丸田恭介
レジェトウショウ     53     古川吉洋
ハッピーカオル      55     川須栄彦
ボストンエンペラー     54     松田大作
メジロツボネ         51     黛弘人
シルクオフィサー     53     丸山元気
シュプリームギフト     55     三浦皇成
ストレイトガール      54     吉田隼人
 ファインチョイス      54     四位洋文
 ビウイッチアス       53     津村明秀
 ジャーエスペランサ     53     藤田伸二
ストークアンドレイ      50     川島信二


重賞は関屋記念だけなので
日曜、函館のメインUHB賞の予想を公開いたします。
登録馬は多かったのですが、12頭立てと寂しくなりました。


このレースのポイントは・・・。
と言うより、前提に言えるのですが、洋芝適性の高い馬を選定する。

1200mでもスピードは2の次。

小型の馬よりも大型馬・・・あくまでもパワー重視です。



uhb.png
  


【コースデータ:函館芝1200m】
ほとんどフラットコースですが、
1コーナーと2コーナーの途中まで緩やかな上り坂で直線半ばまでは下り坂。

スタートから1コーナーまでの距離が半分の600mは熾烈で前半ラップは早く、後半はラップは弛れる傾向だが、
洋芝の重い芝と短い最後の直線の為そのまま先行馬が押し切るパターンが多い。





人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。