第5回 レパードステークス(G3)レース回顧 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » レース回顧 » 第5回 レパードステークス(G3)レース回顧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 レパードステークス(G3)レース回顧

leopard_kekka.gif
 
残り600mからの位置取りとレース結果です。

急なコーナーを4つ回らなければならない新潟ダート1800mは逃げ先行馬が有利なコース。
1コーナーまでの位置取りがポイントなコースだけにポディションニングに注目しましたが、

アムールポエジーが出遅れ、難なくサトノプリンシパルが先頭を奪いました。
道中はサトノの坦々としたマイペースの逃げ。インカンテーションはサトノをマークで3番手。

インカンの大野騎手のファインプレーとも言えるポディションニング。
上がりタイムある馬だけに直線向いてからは楽に抜け出しました。

ケイアイレオーネは直線で抜け出しにかかるところを
あっさりインカンテーションに差されました。




大野騎手
「強かったですね。前半はかかるくらいでなだめるのに必死だったけど、(追うのは)直線で手前を替えてからで十分に間に合うと思った。最後は物見をしていたくらいで、止まっている(流している)ような感覚だった」

コメントからすれば余裕すらあった楽勝の勝ちっぷり。
クリソライトとの比較は何とも言えませんが、強い競馬をしたのは確かです。

上がり3Fの1番時計のジェベルムーサは4着。
終い一辺倒の不器用さが露呈しました。展開が向けば、が前提の馬だけに今後の課題ですね。



leopard_rap.gif

過去4年との比較でもトランセンドが勝った年に次ぐタイムですから、
レースそのものの質が高かったとも言えるでしょう。





人気ブログランキングへ



無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。