第81回 日本ダービー(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第81回 日本ダービー(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第81回 日本ダービー(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


日本ダービー・展開とペース


ウインフルブルーム回避でハナを切るのはエキマエか。
番手にはマイネルフロスト。サウンズオブアース、アドマイヤデウス、
トゥザワールド、イスラボニータ、ワールドインパクトらが先団を形勢。
ハギノハイブリッド、ベルキャニオン、レッドリヴェール、トーセンスターダムは中団。
後方からショウナンラグーン、ワンアンドオンリーといった隊列になる。
いずれにしても逃げ馬不在でスローペース濃厚と見る。

日本ダービー・攻略




◎トゥザワールド

皐月賞では直線で早めに抜け出したところを外からイスラボニータに差され0秒2差の2着。
決め手の差が出たようにも映ったが、外枠17番からの発走でスタート直後に脚を使わされた分、
終いの脚が鈍くなったものであって決して力負けではないと見る。
今回スローペースが予想される上、内が伸びる今の東京コースなら3枠5番発走は絶好の条件。
前目で競馬をする分目標にされる可能性も高いが、血統的な適正の差からも追撃を凌ぎきる。


◯イスラボニータ
皐月賞では前を行くトゥザワールドをぴったりとマークして直線で鮮やかに差しきって優勝。
東京コースは4戦4勝と抜群の好相性で2冠を達成する可能性も高い。
ただ血統的な面から見るとこれまでのフジキセキ産駒にとって2400mという距離は決して
好条件とは言えず、今回は展開面などからも考慮して一段評価を下げる。


▲ハギノハイブリッド
ここ3戦とも異なるペースのレースで2着,1着,1着と堅実に連対しておりレースセンスは高い。
さらにその前走、京都新聞杯では2分11秒0という好時計で差しきり勝ちを収めるなど
内容も評価できるもので、あとはここに入っての力関係だけ。人気薄だが惑星として期待したい。


☆トーセンスターダム
皐月賞では3番人気だったが11着といいところなく敗戦。デビューから3戦すべてで最速上がりを
マークして3連勝した素質馬だけに前走の敗戦だけで見限るのはやや早計であると見る。
力のいる中山より東京コースの方が明らかに条件が向くし、名手武豊の一発に注意したい。


△ワンアンドオンリー
この馬にとって1枠2番は決してプラスでは無い。皐月賞のような極端な競馬では差して届かずがある。


△ワールドインパクト
△サウンズオブアース






重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。