血統予想は予想をする意味でのほんの糸口 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 予想の考え方 » 血統予想は予想をする意味でのほんの糸口

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血統予想は予想をする意味でのほんの糸口

oguri.jpg



競馬予想を行う意味で「血統」は重要なファクターであることは間違いありません。

しかし、いわゆる良血馬が必ずしも勝つかはまた別の話。
ウィニングポストやダビスタのような訳にはいきません。

血統証が走れば全て良血馬が勝ってしまいますが、そうではないのがリアルな競馬。

血統論では説明し難い馬(駄馬のレッテルを貼られた安い馬)が歴史に名を刻むことがあるからです。
オグリキャップがミホノブルボンが、カンパニーがなぜ活躍し成功したか説明できないのが事実です。



ダートが得意な血統、短距離が得意な血統、東京コースが得意な血統、重馬場が得意な血統
・・・などデータとしての裏付けは存在します。

予想する上での傾向情報は付加しなければいけないと考えていますが、
上記のような人知を超えた馬が存在する以上、絶対的な予想論ではないのです。


先ず展開とコース、枠順が最優先。
血統予想は予想をする意味でのほんの糸口に過ぎないと考えます。


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。