第149回天皇賞・春 (G1)「展開予想」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第149回天皇賞・春 (G1)「展開予想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第149回天皇賞・春 (G1)「展開予想」


天皇賞(春)・展開とペース


サイレントメロディ、アドマイヤフライト、デスペラードがいずれかが逃げる形。
番手、好位にはフェノーメノ、サトノノブレス、ゴールドシップ。
中団はラストインパクト、ウインバリアシオン、タニノエポレット、アドマイヤラクティ。
後方からはフェイムゲーム、キズナ。


逃げ馬らしい馬は不在。
デスペラードが前走逃げているので単騎も考えられる。
大外枠なので、横山典騎手が逃げるか?押されるか?が展開の鍵。



京都芝コンディションはパンパンの高速馬場。
内が伸び、前が止まらない状態。
前残りにも十分警戒。



天皇賞(春)・攻略


honshi.gif

キズナ
欧州遠征で凱旋門賞を経験。おそらく今一番強いのではないかと思われる。
問題の距離、そしてディープ産駒の長距離の適正だが、
去年のトーセンラーが2着を考えれば、そこもクリアできると思われる。
ディープ産駒が面白いように台頭する高速馬場はこの馬に味方するはず。
ただ、後方からの競馬なので一抹の不安はある。
長い道中が巻き起こす展開の綾で届かず・・・はあるかもしれないが連は確保。

ゴールドシップ
前走の阪神大賞典は強い内容。
前走のように好位につけ、
引き離すような展開になれば勝機はあるはず。
鞍上もウイリアムズ次第。



ウインバリアシオン
前走は圧巻の勝ちっぷりで完全復活。
オルフェ世代のNO2。展開面も有利。


×フェノーメノ
去年の覇者。距離、コースは問題ない。
ただ去年の状態に戻っているかだけ。
一度叩いての上積みに期待。



注)デスペラード
大外は正直不利だが、前走のような逃げに転じれば
まさか!?もある一発候補。
横山典騎手は策士なだけに怖い1頭。


ラストインパクト





天皇賞(春)ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ

メインレース特注馬はメルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。