第149回 天皇賞(春)(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第149回 天皇賞(春)(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第149回 天皇賞(春)(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


天皇賞(春)・展開とペース


ハナを切るのは内からサトノノブレスか。
アドマイヤフライト、フェノーメノ、ラストインパクトも前へ。
大外だがデスペラードも横典だけに思い切って前へいくかも…。
ゴールドシップは中団より前で競馬をするのではないでしょうか。
ウインバリアシオン、キズナは中団から後方の位置。
純粋な逃げ馬もなく3200mの長丁場ならペースは落ち着いて
平均からスローで流れると予想。

天皇賞(春)・攻略




◎ウインバリアシオン

昨年暮れの有馬記念ではオルフェーヴルには1秒以上突き放されたが、
2着を確保しゴールドシップに先着するなど改めて現役屈指の実力を示す好内容。
前走の日経賞でも4コーナー手前から仕掛けて大外を楽々差しきり勢いに乗る。
足元さえ順調なら現役最強の実力を秘めている。鞍上も好調なシュタルケなら問題無い。


◯ゴールドシップ

前哨戦の阪神大賞典はスタートから押して押しての先行策で道中2番手を追走し
直線を向くと独走状態で3馬身半差の圧勝。この馬の場合、前走手綱を取った
岩田が乗れないのは不安材料ではあるが、積極的な騎乗スタイルのウィリアムズなら
手が合いそうな印象。苦手な京都の高速馬場でも前走の行きっぷりなら
昨年の様なことは無いと見る。


▲キズナ
大阪杯ではエピファネイアすらまったく相手にしないほどの派手な勝ち方だったが、
明らかに他のメンバーが弱かった印象。前走だけでその能力を計るのは危険な気もする。
ましてやディープ産駒にとって決して適距離とは言えない3200mの長丁場、
単勝人気が示す程の全幅の信頼はどうしても置けないためこの評価に留める。


△フェノーメノ
長期休養明け初戦となった前走日経賞では直線伸びきれず5着とこの馬らしさを
感じられない敗戦となった。今回ひと叩きしての変わり身に期待したい。
昨年優勝した春天より強化された今年のメンバー相手にどこまで食い込めるか


△サトノノブレス
△デスペラード
△アドマイヤラクティ






重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。