第88回 中山記念(GII)「傾向と対策」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第88回 中山記念(GII)「傾向と対策」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第88回 中山記念(GII)「傾向と対策」


中山記念ですが、G1並みの好メンバーが集結。
馬券的には非常に難解な一戦に違いありません。

先ず天皇賞馬ジャスタウェイですが、
福永から横山典に乗り替り。
中山を熟知している横山に替わるのは逆にプラスだと思いますが、
やはり最後方から鬼脚が武器の馬だけに
普通に考えたら短い中山の直線で届くのか?
と言う一抹の不安が付きまとうのは当然のこと。

逆にレースを引っ張るであろう
トウケイヘイローに食指が動きます。

この2頭は次にドバイ遠征が控えるだけに
基本はこのレースは叩き台ですが・・・。






トウケイヘイローの番手に付けそうなのは
去年の札幌記念以来のロゴタイプ。

調教を見る限りだとまだ重め残りの感は否めない様子ですが。
別定で斤量は58kgとメンバー中、最重量はいい材料とは言えない。


ヴェルデグリーン
アルキメデス
カレンミロティック

この3頭は去年からの上がり馬で勢いを感じます。

そんな訳で狙っているこの馬はあまり人気にならなそう。
中山記念・注目馬 ・ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ

阪急杯・特注馬はメルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。