第31回 フェブラリーステークス(GI)「傾向と対策」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第31回 フェブラリーステークス(GI)「傾向と対策」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31回 フェブラリーステークス(GI)「傾向と対策」

第31回フェブラリーS。
枠が出ました。

1-1 ゴールスキー(牡7、F.ベリー・池江泰寿)
1-2 ベストウォーリア(牡4、浜中俊・石坂正)
2-3 ソロル(牡4、G.ブノワ・中竹和也)
2-4 ワンダーアキュート(牡8、武豊・佐藤正雄)
3-5 エーシントップ(牡4、内田博幸・西園正都)
3-6 ノーザンリバー(牡6、戸崎圭太・浅見秀一)
4-7 ニホンピロアワーズ(牡7、酒井学・大橋勇樹)
4-8 グランドシチー(牡7、U.リスポリ・相沢郁)
5-9 アドマイヤロイヤル(牡7、四位洋文・橋田満)
5-10 ドリームバレンチノ(牡7、岩田康誠・加用正)
6-11 ベルシャザール(牡6、C.デムーロ・松田国英)
6-12 ブライトライン(牡5、福永祐一・鮫島一歩)
7-13 コパノリッキー(牡4、田辺裕信・村山明)
7-14 ダノンカモン(牡8、三浦皇成・池江泰寿)
8-15 ホッコータルマエ(牡5、幸英明・西浦勝一)
8-16 シルクフォーチュン(牡8、横山典弘・藤沢則雄)

稀に見る粒の揃った良いメンツですね~。

東京のダート1600mのフェブラリーSは
枠の有利不利はあまりありません。

スタートから直線で1コーナーまで長いので
スムースに位置取りが取れるのが理由の1つでしょう。

他コースとの違いは、
スタート直後から150mほど芝を走ると言うのが最大の特徴。

芝が得意、不得意はテンの差が出るかもしれません。



メンツを見る限り、先行脚質は多いながらも
絶対的な逃げ馬不在ですが、
エーシントップ陣営が大逃げ宣言。
ペースメーカーはエーシントップになりそうです。

そうなると平均よりやや速い流れになるか?

上記を踏まえると、
やはりこの馬が軸で良さそうな感がありますが・・・。

フェブラリーS・注目馬 ・ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ

共同通信杯・特注馬は明日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。