第28回 根岸ステークス(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第28回 根岸ステークス(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第28回 根岸ステークス(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


根岸ステークス・展開とペース


1枠1番のエーシントップがハナを奪う。
スリーボストン、ティアップワイルド、アドマイヤサガス、ブライトラインも前へ。
中団からアドマイヤロイヤル、ダノンカモン、ドリームバレンチノ、ノーザンリバー。
その後ろにゴールスキー、そして最後方からシルクフォーチュンといった隊列。
ペースは平均よりやや速いくらいの流れになり長い府中の直線、
中団から後方待機の馬にも十分チャンスあり。

根岸ステークス・攻略




◎アドマイヤロイヤル

前走の武蔵野Sでベルシャザールに0秒1差の2着の結果は立派。
東京ダートはベストな条件で、中でも1400mは(2.5.0.1)と安定感抜群。
ロス無く立ち回れる内枠も良い。


◯ゴールスキー
前走は武蔵野Sは大外枠からの発走で道中の位置取りも少々後ろ過ぎの印象、
それでも最速上がりを繰り出し勝ち馬ベルシャザールに0秒4差なら評価できる。
今回ベリーへの乗り替わり、そして距離短縮で再度期待したい。


▲ブライトライン
前走JCダート4着。芝からダートに転身して安定した活躍を見せる。
距離短縮も歓迎で今回有力馬には差し脚質が多く先行できる同馬はチャンス十分。


☆ドリームバレンチノ
こちらも芝のスプリント路線から転身後、2戦連続で連対を果たし
ダート適性のあるところを示すが、2戦とも脚抜きの良い馬場での連対のため
良馬場での競馬でどうかはまだ未知数。相手関係からも今回が今後を占う試金石の一戦。


△シルクフォーチュン
展開に左右されるが一昨年の優勝馬でもあり、長い直線の東京の舞台は好条件。
末脚を生かす乗り方ならちょうどいい14番枠からの発走で恐い存在。


△ダノンカモン
ダート1400は(4.5.3.5)とベストの舞台。しかも東京は3勝と得意コース。
7ヶ月の休み明けがどうかだが侮れない一頭。





重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。