第31回東海S/第55回アメリカJCC「傾向と対策」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第31回東海S/第55回アメリカJCC「傾向と対策」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31回東海S/第55回アメリカJCC「傾向と対策」


先ずはアメリカJCCの展望。
比較的荒れないレース傾向。
別定戦で人気上位馬が馬券になり順当に収まるパターン。

馬券に成りやすいのは前走有馬記念敗北組み。
ダノンバラード・ヴェルデグリーン・トゥザグローリー
の3頭のいずれかは馬券に絡みそうです。

展開的にはサトノシュレンが逃げる格好。
おそらく単騎でスロー寄りに流れるペースになるのでは。
中山の2200mは外回り。
外回りと言えど直線距離は同じですから、
先行馬有利で前残りに警戒です。


一方、中京の東海ステークスですが、





こちらも別定戦だけに力量がそのまま出るレース。
中京も改装後、直線が長くなってますから、
差し馬の台頭も十分警戒です。

ニホンピロアワーズ、グレープブランデーが
人気になりそうですが、
アワーズもJCD勝った頃に比べ随分パフォーマンスは落ちていると思います。
グレープは去年の覇者ですが、去年の今頃とは雲泥の差。

伏兵の一発も十分あり得るのでは。

そんな訳で、アメリカJCC・東海S はこの馬に注目です!


アメリカJCC・注目馬
・ブログランキング!

↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ

東海S・特注馬は本日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。