第52回 京都金杯(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第52回 京都金杯(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第52回 京都金杯(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


京都金杯・展開とペース


絶対的な逃げ馬が不在。
マイネルラクリマ、ガルボ、ブレイズアトレイユ、タマモナイスプレイらのうちの
いずれかがハナを切るだろうが正直どの馬が行くか分からない。
シャイニープリンス、メイケイペガスター、サンライズメジャーはその後ろ。
ペース的にはスローな流れは確実か。開幕週の馬場だけに
内をロス無く進んだ馬の前残りに警戒。


京都金杯・攻略




◎マイネルラクリマ

メンバー随一の実績馬。逃げ馬不在でスローペース濃厚、しかも開幕週の馬場とくれば
前々で競馬ができて抜け出してから渋といこの馬にとって絶好の舞台と言える。
一昨年に優勝した時より3キロ増の58キロのトップハンデでの出走となるが、
ここ数戦同斤を背負って重賞の舞台で好走していることから問題ないと見る。


◯メイケイペガスター
ダービー以来となるレースでしかもマイルの距離での出走となった前走だったが、
道中は好位から直線でも渋とく伸びて勝馬と0秒1差の3着と力を示した好内容。
常に折り合いが課題の馬だけに道中どれだけスムーズな競馬ができるかが鍵となるが、
重賞勝ちがあるように能力は高く侮れない。


▲オースミナイン
大崩れしない堅実に走るタイプの上がり馬で京都マイルも得意。初の重賞挑戦で
あとは相手関係だけだが、54キロのハンデなら十分勝負になると見る。


△サンライズメジャー
△ガルボ
△シャイニープリンス
△プリムラブルガリス






重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。