第5回 レパードステークス「傾向と対策」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第5回 レパードステークス「傾向と対策」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 レパードステークス「傾向と対策」

★第5回 レパードステークス
過去にトランセンド、ホッコータルマエのG1馬を輩出する出世レース。
将来JRAを背負って立つスターホースが出るかもしれません。

クリノヒマラヤオー 56
リアライズブラザー 56
ドコフクカゼ 56
リキサンステルス 56
シグナルプロシード 56
タイセイバスター 56
カノン     54
ハイパーチャージ 56
カリスマサンタイム 56
アムールポエジー 54
オメガインベガス 54
ジェベルムーサ     56
ロンギングエース 56
アドマイヤイバマ 56
モリトリュウコ     56
インカンテーション 56
ケイアイレオーネ 56
サトノプリンシパル 56

新設重賞だけに確信に迫るほどの過去データは少ないですが、
ジャパンダートダービー出走馬が毎年馬券になっています。
3着ケイアイレオーネは注目です。

3連勝で川崎の関東オークスを圧勝の牝馬アムールポエジーも注目したい1頭。
前々走の500下では牡馬相手に快勝しています。
以下注目馬

濃尾特別(1000万下)
1着インカンテーション

御嶽特別(1000万下)
1着サトノプリンシパル

彦星賞(1000万下)
1着ジェベルムーサ

■コース分析/新潟ダート1800m

track.gif

1~2コーナー途中から2コーナー過ぎまで緩い上り坂が
あるだけでほとんど平坦。

直線距離は354mと長いものの、コース幅は狭く、
コーナーの角度は急でキツイ。

スタートから1角まで距離があり、
ポディション獲りは困難ではないので外枠でも問題はないが、

4つコーナーがあるので、外を回されると
相当のロスが生まれます。

そんな意味で先行馬有利のコースと言えるでしょう。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。