第64回 朝日チャレンジカップ(GIII)「展開予想」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第64回 朝日チャレンジカップ(GIII)「展開予想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第64回 朝日チャレンジカップ(GIII)「展開予想」

朝日チャレンジカップ・展開とペース

ミキノバンジョーが先手を奪う。番手はマイネルラクリマ。
後続にタマモベストプレイ、テイエムイナズマ。
中団にゴットフリート、アルキメデス、ラウンドワールド。
後方にヒストリカル、カワキタフウジン、コアレスドラード。

絶対的な逃げ馬不在。
ミキノバンジョーのペースなら
1000m通過は61秒台のスローペース。

展開的には先行馬有利。
外回りのAコース使用で差し馬も十分に台頭。


朝日チャレンジカップ・攻略


honshi.gif


マイネルラクリマ
前走、福島記念はダイワファルコンに先着を許したものの
番手からハイペースで2着に粘る底力を見せつけた。
トップハンデでもここなら力は上位。
先行力を活かす競馬で展開的にも有利で1番枠も好条件。

ヒストリカル
前走ポートアイランドSは追い込むも届かずで惜しくも3着。
休み明け秋2戦消化で安定した末脚を披露。
ここも好走必至と見る。


タマモベストプレイ
×ラウンドワールド
テイエムイナズマ
ゴットフリート
アルキメデス

3歳クラシック路線だったタマモは久々の自己条件。
テイエムも含め、ここは好走可能。

ラウンドワールドは9か月ぶりの前走を快勝。
ここもあっさり勝ち上がる勢い有り。

アルキメデスは前走スローペースを差し切った強い内容だが
昇級初戦で、どこまでやれるか様子見で押さえ評価。



阪神ジュベナイルF 注目馬・ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ

メインレース特注馬はメルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。