第14回 ジャパンカップダート「レース回顧」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » レース回顧 » 第14回 ジャパンカップダート「レース回顧」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回 ジャパンカップダート「レース回顧」

kekka_jcd.gif
残り600mからの位置取りとレース結果です。
前半1000m通過が61.6秒と阪神開催になってから
最も遅いペースになったジャパンカップダート

先行馬有利の展開でペルシャザールワンダーアキュートが
ホッコーを差し切る形。
タイムはさて置き、
内容的には強い勝ち方だったと思います。

あのペースですからホッコータルマエ
残さなきゃいけなかったわけですが、
初対決のペルシャザールに負けたのはともかく
ワンダーアキュートに差されたのはどうかと思う次第です。

幸騎手の追い方うんぬんもあるでしょうが、
早めの追い出しで焦ったかのような印象。

ニホンピロアワーズは流石に休み明け初戦ですから
坂で止まりました。

エスポワールシチーは自身のペースでしたが、
マイル戦以上のパフォーマンスは加齢からか確実に落ちていました。

ローマンレジェンドは中団で位置取りが悪く、
内に包まれ戦意喪失。

予想で期待した3歳馬の2騎は
クリソライト、インカンテーションはダメでしたね。
全く見所がありませんでした。

インカンテーションは終始、外回されて行き脚がつかなかった
と言えば理由になりますが、
クリソライトはホッコーをマークしての位置での結果。
ひどいですね。今後の立て直しに期待です。

さて今週は阪神JFですが・・・
阪神ジュベナイルF 注目馬・ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ


阪神ジュベナイルF 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。