第14回 ジャパンカップダート(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第14回 ジャパンカップダート(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回 ジャパンカップダート(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


ジャパンカップダート・展開とペース


2枠の2頭メーデイアとエスポワールシチーそして外馬パンツオンファイアがハナ。
次いでブライトライン、ホッコータルマエ、そして外からニホンピロアワーズ、
さらにインカンテーションが続いて、その直後に内からローマンレジェンドと
有力馬で好位集団を形成してペースはハイペースと予想。
さらにワンダーアキュートやベルシャザールなどなど脚質に自在性のある馬もいて
展開予想は難解。道中の位置取りが勝敗の鍵を握るジョッキーの腕も試される一戦。


ジャパンカップダート・攻略




◎ホッコータルマエ

前走JBCクラシックでは好スタートから他馬を寄せ付けず貫禄の逃げ切り勝ち。
前々走の南部杯こそエスポワールシチーにうまく立ち回られ先着を許したが、
今年に入って8戦6勝と現在のダートG1戦線で抜群の安定感を誇る一頭。軸不動。


◯ニホンピロアワーズ
昨年のジャパンカップダートでは2着以下に0秒6の差をつけて圧勝劇。
帝王賞2着以来、約5ヶ月の休み明けの実戦というぶっつけ本番のローテには不満だが
(2,3,0,0)という鉄砲実績、能力が高いだけにいきなりでも。


▲ベルシャザール
前走の武蔵野Sでは直線では狭いところを馬込みを割っての差しきり勝ち。
ダートに転向して成績が安定してきただけにあとは一線級との力関係だけ。
日本ダービー3着の実績もあり一発の魅力を秘める。


☆インカンテーション
前走のみやこSは好位追走から直線ではゴール前まで渋とく伸びて勝馬とはハナ差の2着。
僅差で及ばなかったものの内容的には強い競馬。3歳重賞レパードS優勝はダテじゃない。
55キロの軽量を活かして大駆けの期待。


△ワンダーアキュート
ダートG1界の常連で昨年、一昨年のジャパンカップダート2年連続2着の古豪。
前走JBCクラシックでもホッコータルマエに次ぐ2着といまだ衰えず。
阪神コース(5,2,0,2)とコース相性も抜群で7歳馬といえど警戒が必要。


△ローマンレジェンド
前走のみやこSではトップハンデの59キロの斤量が響いてか直線ではいまいち伸びきれず3着。
昨年のジャパンカップダートでは4着、上位先着を許した3頭とは今年もまた再戦となるが、
レースへ行くと詰めが甘くなるところがありそこが着順にも現れている。
現状では着順のままの力の差があると見る。





重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。