第33回 ジャパンカップ「レース回顧」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » レース回顧 » 第33回 ジャパンカップ「レース回顧」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第33回 ジャパンカップ「レース回顧」

JC_kekka.gif
残り600mからの位置取りとレース結果です。
予想通りスローペースなったJCですが、
1000m通過が62.4秒と予想以上のドスロー。
しかもエイシンフラッシュの逃げは想定外でした。

勝ったジェンティルドンナは番手キープ。
先行馬有利の展開ですから
こう言う形になれば、やはりしっかり結果を出しました。

上図を見れば一目瞭然ですが、
一番凄い脚を見せたのは2着のデニムアンドルビー

予想でも書きましたが
--------------------------------
展開的には不利だが、
長い直線の府中はこの馬の末脚が炸裂できる絶好の舞台。
ここ2戦チグハグな競馬で浜中に乗り替わりはプラス。
---------------------------------
その通りになりました。
流石に△で重い印は付けられませんでしたが、
この馬は正直強いです。

牝馬3冠レースは惨敗しましたが、
少なくとも秋華賞とエリ女は
鞍上のミスで負けたと思っています。
府中、乗り替り、斤量と条件がハマったにせよ
内容はスローで追い込んでハナ差2着は力がなければできない技。
来年は1つくらいG1取れるのではないでしょうか。

そのデニムの前鞍上の内田騎手はゴールドシップ
どんなレースをするか、どの位置で競馬をするか、
期待値が高かっただけに残念です。


スタート出遅れず、すんなり出たのにも関わらず
最後方に下げての道中。
この時点で「あ~ダメだ」と思いました。

それでも、得意のロングスパートがありますから、
捲くって4コーナー先頭・・・と思いきや
3コーナーからペースが速くなり、着いて行けない有様。
直線は歩いてましたから、内容の無い、最低の酷いレースぶりで
全く競馬をしていません。

鞍上が悪いのか?馬が全くやる気がないのか?
分かりませんが、これはかなりの重症だと思います。

大幅な改良が必要ではないかと思います。
あと1ヶ月、有馬記念まで間に合うか。

3着のトーセンジョーダンはノーマーク。
スローで番手位置に来られた時はヤられたと思いました。

秋天、JC2着の実績がある馬だけに、この弱メンなら来ても当然かな・・
と終わってみれば思えますね。
ジェンティルとデニムの馬券を持っていただけに後悔です。

さて今週はジャパンカップダートですが、
メンツも勢揃いと言った感じで、馬券的には混戦、難解なレース。
ホッコータルマエ中心でしょうが・・・

やはり注目はこの馬でしょう!
ジャパンカップダート注目馬・ブログランキング!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ


重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。