第30回 マイルチャンピオンシップ(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第30回 マイルチャンピオンシップ(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第30回 マイルチャンピオンシップ(GI)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


マイルCS・展開とペース


京都1600m外回りは前半のペースが上がり易く差し馬が有利なコース。
最内枠を引いたコパノリチャードがハナをきり、次いでカレンブラックヒル、サクラゴスペル、
そしてガルボ、ドナウブルー辺りで先団を形成。その後ろ外からリアルインパクト、
内々を通ってダイワマッジョーレ、クラレント。中団からサダムパテック、ダノンシャーク、
外を通ってグランプリボス。そして最後方からトーセンラーといった隊列でしょうか。
真ん中より内枠に先手を主張する馬が揃ったので、ペースは平均よりやや速めのハイペースになると予想。

マイルCS・攻略




◎ダイワマッジョーレ

前走のスワンSではコパノリチャードにうまいことマイペースで逃げ切られての2着。
スローペースで流れが向かない展開でも最後まで渋とく脚を伸ばしていたことから、
距離が伸びて前が流れる展開が予想される今回は絶好の条件が整った印象。


◯クラレント
前走の毎日王冠ではハナを切ってゴール前まで渋とく粘っての3着。
エイシンフラッシュ、ジャスタウェイを相手に0秒1差は立派。
前走ではハナを切ったがもともとは好位から中団でレースをしてきた馬。
叩き2走目の上積みが見込め逆転のチャンスも。


▲ダノンシャーク
前走の富士Sは危なげないレース運びで完勝の内容。直線で大きな不利を受けた安田記念でも3着と
実力はG1級で、京都1600mコースも(3.4.2.2)と得意にしている舞台。今年出走したすべてのレースで
3着以内を確保する堅実派で安定感で言えばピカいちなのだが、好走するも勝ちきれない印象もあり、
今回は4歳馬2騎の勢いを買ってここまでの評価に留める。


☆グランプリボス
昨年のマイルCSは2着、一昨年は13着。そして今年のマイラーズCは見事優勝するも昨年は13着と
同じ京都1600mが舞台のはずのレースでこうも結果が変わる気まぐれな馬。馬場なのかペースなのか
ハマればG1馬だけに差しきる一発の魅力を秘めているがいかんせん安定感に欠ける。
ただ人気落ちの今回、過度な期待をせずに抑えまで。


△サンレイレーザー
前走の富士Sでの14着という完敗が尾を引いているのかだいぶ人気落ちしている印象。
今年に入りマイラーズCで2着、エプソムCでは3着と今回の有力どころとも互角の勝負を繰り広げていたことから軽視は禁物と判断。マイルは絶好の条件で末はかなり切れるので要注意。


△サダムパテック
昨年のマイルCS優勝馬。前走スワンSでは58キロのトップハンデながら直線では最速の上がりを繰り出し
3着と改めて力のあるところを示した好内容。スタート五分なら流れが向きそうな今回は連覇の期待も。





重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。