第49回 福島記念(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第49回 福島記念(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第49回 福島記念(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


福島記念・展開とペース


直線の短い小回りの福島2000mの条件なれど、必ずしもすんなり逃げ先行馬で決着しておらず、
4コーナー手前からのロングスパートで長くいい脚を使ったなにがしかの差し馬が毎年大外を
突っ込んできて連に絡んでいるこのレース。
展開的には内からマイネルラクリマ、中からミキノバンジョー、そして外からネコパンチが
先行争いをする中、その後ろに上がり馬ディサイファ、ラブイズブーシェ、ダイワファルコンが続く。
そして中団からトランスワープ、カワキタフウジンらが直線勝負の末脚に賭ける。
ペース的には平均で流れると予想。

福島記念・攻略




◎トランスワープ

前走の鳴尾記念はスタートで躓き流れに乗り切れず最後は脚を使っているものの9着。
ただ勝馬とは0秒5差と着順程は負けておらず内容的には悪くない。
福島コースは3着が最高順位だが、2000mの距離では(5.2.1.4)とベストの条件。
重賞2勝、2着1回の実力馬。前走時より1キロ増の57キロの斤量が未知数だが期待したい。


◎マイネルラクリマ
前走58キロのトップハンデで挑んだ小倉記念では3着。勝馬にうまく乗られたとはいえ
自身より後ろにいた軽量馬にあっさりと交わされた内容から斤量負けした感がある。
福島コースの適正は抜群だが今回もトップハンデの58キロがネック。
全幅の信頼とまではいかないため割引。


▲カワキタフウジン
前走カシオペアSがメンバー最速の上がりでゴール前まで渋とく伸びての3着と好内容。
ここまで4戦連続で最速上がりをマークし、ロングスパートも得意なのでこの条件は合う。
ゴール前大外から伸びてくるならこの馬。54キロの斤量なら要注意。


☆ディサイファ
メンバーいちの上がり馬。今回一気のメンバー強化で55キロの斤量は見込まれた感があり割引。
未知数な部分もあるが勢いで好走する可能性も…。一発に警戒したい。


△ダイワファルコン
昨年の優勝馬で昨年より0.5キロ増の57.5キロで挑む。前走の天皇賞(秋)15着は
前半のハイペースについてったことが祟ってつぶれたが、コーナー4つの小回りコースなら見直せる。


△スピリタス
2000mに良績はなくマイル中心に走ってきた馬だが、コーナー4つの小回りコースなら
最内枠を活かして道中ロス無く運べればオープンクラスの実力馬だけに怖い存在。





重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。