第18回 東京スポーツ杯2歳S(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第18回 東京スポーツ杯2歳S(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回 東京スポーツ杯2歳S(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


東京スポーツ杯2歳S・展開とペース


オールステイ、プレイアンドリアルがレースを引っ張り、
ハイアーレートも前走いちょうSではハナを切ったので前目で競馬をするでしょう。
イスラボニータはスタートが決まれば好位を追走、そのあとラングレー、ウインマーレライと続き
その後ろにサトノアラジン、そしてリターンラルクは最後方からといった隊列でしょうか。
ペースはそれほど速くならず平均くらい、いちょうSのようなレース展開と見る。
展開的には前が残っても不思議は無いが、先行勢にそれほど骨っぽい馬も見当たらないため
ここは上がりを持った後方差しの馬でも十分届くと判断。


東京スポーツ杯2歳S・攻略




◎イスラボニータ

前走いちょうSで先団から競馬を進める正攻法の競馬で勝利を収められたのは収穫。
レースレベルの高かった新潟2歳Sで馬込みを縫って鋭く伸びて2着するなど世代トップの実力馬。
出遅れが怖いが、包まれても苦にしない勝負根性の持ち主でもありスタート五分なら突き抜ける。


◯ウインマーレライ
前走のアスター賞ではスローでもきっちり折り合い、直線ではメンバー最速の上がりで差しきり勝ち。
ゴール前こそアルテミスS2着のパシフィックギャルに詰め寄られたが内容的には完勝と言える。
東京、福島、中山と異なる3つのコースで好走してるだけに潜在能力はかなり高いと見る。


▲サトノアラジン
デビュー戦は中団追走から直線で楽々と先頭を捕えるとあとはゴールまで流す走りでの圧勝劇。
勝ちっぷりに大物感が漂うが、今回は約3ヶ月の休み明けに加え大幅にメンバー強化された舞台。
もちろん本物ならば直線あっさりの可能性も秘めるがデビュー2戦目でそこまでの確信は持てない。


△ラングレー
デビュー戦で素質馬ベルキャニオンらを破っての勝利は当然評価に値するが、
道中インをロス無く進めた分早めに抜け出せたという感じで完勝とは言いがたい内容。
逆に外々を回って直線突っ込んできた2、3着の馬の方が強い競馬をしていた印象。
それでも能力があるから勝てたのだろうが、今回は様子見で押さえまで。


△クラリティシチー
前走いちょうSではイスラボニータに一瞬の切れ味では敵わなかったものの
ゴール前までじわじわと伸びて3着と好内容。長く脚を使えるタイプで直線の長い東京コースは合う。
内でロス無く運べれば前走同様のレースは可能。


△リターンラルク
前走の百日草特別では4コーナーでは最後方から一気の末脚で4着まで押し上げる圧巻の捲り。
良馬場なら相当切れることを証明。今回も同舞台なら前走同様の後方一気の末脚が炸裂する。





重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。