第18回 東京スポーツ杯2歳S(GIII)「展開予想」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第18回 東京スポーツ杯2歳S(GIII)「展開予想」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回 東京スポーツ杯2歳S(GIII)「展開予想」

東京スポーツ杯2歳S・展開とペース

プレイアンドリアルが先手を奪う。
番手はアルテ、ケンブリッジベスト、 ハイアーレート。
後続にラングレー、イスラボニータ。
ウインマーレライは中団。
サトノアラジンは中団よりやや後ろ。

中央初見参のプレイアンドリアルがおそらく引っ張る形に
なると思われるが、どんなペースで逃げるかは不明。
場合によってはハイアーレート辺りが逃げる可能性もありうる。

そのハイアーレートの前走は同コースのいちょうSで逃げ、
ラップは前半600~1000m  48.3-61.5。
過去10年の東スポ杯の平均ラップは1000m 60.7。
やや遅いペースになる。

スローの上がり勝負の様相。
逃げ馬、先行馬も粘ることも可能だが、
東京の長い直線と言うことを加味し、
中団よりの上がりタイムのある馬をピックアップしたいところだ。




東京スポーツ杯2歳S・攻略


honshi.gif


イスラボニータ
いちょうSの勝馬。同じコースを勝っている強みは大いにあり。
このレースもいちょうSとほぼ同じような展開になるのではないだろうか。


ウインマーレライ
過去3戦全て1800mで2勝2着1回。
瞬発力を活かせる上がりの競馬なら最上位。


▲サトノアラジン
×ラングレー
クラリティシチー
プレイアンドリアル


サトノアラジンとラングレーは共にディープ産駒で母父がストームキャットで
将来的な意味では奥が深そう。
しかしながら、このレースにおいては
新馬だけ見ただけの評価の判断はしづらい。

初物尽くしのプレイアンドリアルも評価は不明。

クラリティシチーは前走のいちょうSは3着も2着とはクビ差。
勝ったイスラボニータと位置取り、展開の差と見て評価したい。



マイルチャンピオンS・注目馬ブログランキングにて公開中!
↓ ↓ ↓ ↓


競馬 ブログランキングへ


マイルチャンピオンS他、重賞レース
特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!

↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから



k-300x300.png
▲完全無料で当たる競馬情報をGET!競馬スピリッツ

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。