第18回 武蔵野ステークス(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」 - 競馬ライトニング|展開でメインレースを攻略する競馬予想サイト

HOME » スポンサー広告 » 今週のメインレース » 第18回 武蔵野ステークス(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回 武蔵野ステークス(GIII)予想「溝丸の伊賀流馬券術」

42f7a964c8a5bcede130a97d6c222cb9.jpeg


mizomaru.gif


武蔵野ステークス・展開とペース


逃げ馬不在で1枠1番のナムラタイタンがマイペースでの逃げ。
番手にティアップワイルド、アドマイヤサガス、ベルシャザールらが続くが
前はそれほど速くなくペースは平均からスローペースになると予想。
当然前で競馬ができる馬が有利で、後方で待機する人気を集める差し馬には厳しい展開となる。


京武蔵野ステークス・攻略



◎ベルシャザール

前走ブラジルCでは道中4〜5番手のインを追走して直線を向いてから
メンバー最速35秒6の上がりタイムで後続を振り切り危なげない勝利。
今回初のマイル挑戦となるが、3走前の1600万下条件の白川郷S1800mで
他馬を寄せ付けず圧勝していることから問題ないと見る。
今回有力馬に後方待機の馬が多いため、先行して直線早めで抜け出す競馬ができる同馬には
展開的にもチャンスが大きいと見る。


◯ベストウォーリア
前々走のユニコーンSでは、その後に古馬混合の重賞を制覇したケイアイレオーネを相手に完勝の内容。
前走のJDダービーこそ勝ったクリソライトから2秒近くも離される大敗を喫したが、
それこそ2000mの距離が合わなかったためで2戦2勝をあげている東京マイルに戻る今回は見直せる。
これまでの内容から間違いなく3歳世代のトップクラスの実力を秘めていると思うが、
前走の大敗で人気を落とすようならここは積極的に買っておきたい1頭。


▲アドマイヤロイヤル
一昨年の武蔵野Sでは3着、そして昨年は4着と毎年好走を続けるもあと一歩届かない条件の同レース。
いつも詰めが甘い同馬もついに前々走のプロキオンSで初重賞を制覇するなど
ここへきて本格化の兆しをみせる。前走の南部杯G1では道中位置取りの差が出て5着という内容だったが、
全4勝のうち3勝と好成績を収めている東京マイルなら一発大駆けの可能性も。


△ナムラタイタン
前走アハルテケS8着から5ヶ月の休み明け初戦となるが、一昨年制した得意の東京マイル武蔵野Sなら巻き返す。
逃げ馬が不在で平均~スローペースが予想され、最内枠からのスタートで
マイペースの逃げが打てる同馬に展開が向く可能性も。
7歳でピークを過ぎた感は否めないが、重賞で好走を続けてきた同馬の底力に期待したい。


△ゴールスキー
直線で上がり34秒4の鬼脚でぶっこ抜いて勝った前走ペルセウスSの印象が強烈。
ダート路線へ転向後は初戦こそ9着と案外だったが、その後は2着1着1着とまだ底を見せていない。
相手が強化される今回は試金石となる。血統的に見てもダート適性は抜群でここも勝ち負けする可能性も高いが、
今回主立った逃げ馬が不在でペースも平均からスロー。
前残りが予想される展開の中、大外枠から外々を回らせされれば差して届かずという可能性も高い。


☆イジゲン
フェブラリーSより9ヶ月ぶりの実戦で不安要素の方が多いが、昨年大出遅れのスタートから同レースを制し
まさしく異次元の走りっぷりを見せた同馬も恐い存在。リピーターが多く活躍するこの舞台では警戒が必要。





重賞レース 特注馬は金曜日メルマガ読者限定にて配信!
↓ ↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちらから




※馬券購入に関しては一切責任を負いません。自己責任でお買い求めください。

無断でコピー・記事転載は著作権侵害に当たり固く禁じています



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。